新潟県 経営・従業員教育セミナー講師 中小企業診断士中村公哉事務所

中小企業診断士中村公哉事務所です。企業向けに生産管理、原価管理、品質管理、企業再生の支援を主たる業務で実施しています。

トピックス

  • 2019年4月 林業土木の経営改善計画の策定
  • 2018年12月 専門工事業のM&Aセルサイドにて支援完了。
  • 2018年10月 美容業の経営改善計画の策定
  • 2018年1月 2009年から取り組んでいました親族承継に区切りがつき、代表者交代が完了しました。
  • 2017年9月 金属製品製造業の企業再生支援が完了、経営状況が好転し企業独自での取り組みになりました。
  • 2017年9月 金属プレス板金業の親族承継の事業計画書作成
  • 2017年3月 プラスチック部品製造業の企業再生支援が完了し、正常先になりました。
  • 2016年   菓子製造業小売業の親族承継支援が完了しました。
  • 2016年11月 プラスチック金型製造業の企業再生支援が完了し、正常先になりました。
  • 2016年6月 繊維製品製造業の企業再生支援が完了し、正常先になりました。
  • 2016年1月 産業用機械器具製造業の企業再生支援が完了し、正常先になりました。
  • 2016年1月 菓子製造小売業の親族承継の事業計画書作成

講演履歴

2019年08月23日
中村事務所20周年公開セミナー 法人営業のノウハウ
2019年08月05日
中村事務所20周年公開セミナー 教科書にない経営の勘所2  厳しい経営状態とその対応方法
2019年07月26日
中村事務所20周年公開セミナー 教科書にない経営の勘所 成長に必要な投資判断
2019年07月11日
中村事務所20周年公開セミナー サービス業の売上公式
2019年06月29日
新入社員フォローアップ研修2
2019年06月13日
中村事務所20周年公開セミナー 強い組織の作り方
2019年06月01日
新入社員フォローアップ研修
2019年03月04日
QCサークルと品質管理手法 全社で進める品質管理
2018年03月02日
全社一丸となり行う経営改善
2018年02月22日
若手農業者経営研修会 ~巻地域振興局
2018年02月15日
若手農業者経営研修会 ~巻地域振興局
2018年02月01日
農業者ビジネス塾 経営シミュレーションから学ぶ ~新潟県長岡地域振興局
» 続きを読む

過去のセミナー履歴から

食品偽装にみる問題点 親子2代で続ける商いの心H20年より

  • 現場が勝手に
  • 情報を何度も訂正
  • 結果は会社ぐるみ
      これらの企業はお客様を見ているのか。
      誰に向けた会見なのか。義務で会見を行っているのか。
      社内のコミュニケーションも取れない経営者の資質のなさ

三条商人と石田利八  親子2代で続ける商いの心H20年より

  • 文献上、新潟の商人の中で、最も歴史と格式が高いのが三条商人と思われる。
  • 村上藩の財政的な問題から、米経済から貨幣経済へ転換する必要があり、三条商人に冥加金課し、更に育成に努めた。1789年頃
  • 江戸後期において、三条商人は自前の船を持ち、西回りの航路で、商売をしていた。1843年には、尾張藩において木綿の払い下げ紛争があった。
  • 江戸後期において、新潟の商業の中心は三条であり、京都の問屋の荷開きは、まず三条で行い、その後長岡など他地域で売り、売れ残ったものをまた三条で引き受ける。
  • 石田利八は1800年頃の三条商人
    石田利八がいた頃の商人の最大の功績は「鉄物仲間」と呼ばれる組合を作った。
    不当に安い価格で販売するものがでてきた(鍛冶職人の保護)
    品質を落とした製品を作るものが出てきた(顧客信頼の維持)
    63歳の石田利八が残した記録
      30年前の取引に対する感謝の心
  • 感謝の心、物を届ける心
    70~80kgの荷物を背負い、三条から五十嵐川に沿って標高1000mの峠を越える八十里街道を通る。
  • 商いの心
  •   お客様が欲しいものを届ける心
      届けることにより、生かし続けていただける。

お客様とは  親子2代で続ける商いの心H20年より

  • 全ての消費者がお客様ではない。
    生活のリズム、所得、価値観と届ける商品があってはじめてお客様になる。
    売りたい商品を無理やり提供したい(押し売り)から、安売りを行う。
    売りたい商品を無理やり提供したいから、販売方法をあの手この手考えて攻め、お客様の求めている商品と異なるものを売り込む。
    今の商人の大半がお客様を見ていない。

飲食店データベースの鉄則 【H19年度中小企業支援担当者等研修】

  • そのデータベースは顧客のためになるか
    常連客はそのデータベースを歓迎するか
    構築するデータは顧客からさりげなく入手できるか
    顧客が自店を利用する目的を理解し、その利用目的とデータベースが一致するか
    そのデータベースは顧客に感動を与える
    顧客データベースだけがデータベースではない。商品のデータベース、食材のデータベースなくして、顧客の満足は得られない。
    紙のデータも活用されれば立派なデータベースである

    データベースは、“顧客への奉仕、主の心”
  •  

小規模企業の指導のポイント 【H19年中小企業支援担当者等研修】

  •  相手の目線で考える
     答えを与えるのではなく、答えに誘導する。
     手ぶらで行かずに答えを誘導する道具を持参する
     成果が直ぐに出せなければ、続かない。
     継続して、定期的に訪問する。
     こまめに宿題をだし、宿題のチェックに訪問する。
     競合を明確にしてあげる。
     競合と対比して、改善のポイントを説明

小規模企業の特徴 中小企業者・小規模企業者の指導ポイント[H19年 中小企業支援担当者等研修]

  • ・ 経営スタッフがいない。
    ・ 経営者、後継者が取り組まなければ企業業績が向上しない。
    ・ 業績向上への取り組みに継続性がない。
    ・ 人事・労務管理システムが構築されていない。
    ・ 売上・原価に直結した指導でなければ、取り組まない。
    ・ 社会的・経済的な変化による事業の影響を把握しない。
    ・ 競合を明確にしていない。
    ・ 事業計画が策定されていない。
    ・ PDCAのサイクルがまわせない。
    ・ 資金調達力に限界がある
    ・ 労働条件の整備がされていない。
    ・ 教育訓練方法が確立されていない。
    ・ 情報化が遅れている。