講演履歴

5Sができていない企業 成長は足元から!体質改善による事業規模の拡大 ビジネスチャンス創造講座から

  • 段取替えで工具を探し、段取り時間を長くする
  • 原材料を探すため準備時間が長くなる
  • ものを探すため、立歩きが多くなる。
  • 仕掛量が多くなり、生産の阻害要因になる
  • 無駄なスペースを生む
  • 仕掛量が多くなり、生産期間が長くなる
  • 設備の故障が多く、納期・品質に影響がある。
     → 納期・品質・コスト全ての面で劣り、競争力がない。

再生支援企業の特徴 H17年支援担当者等研修課程から

  • その地域の名門企業。他の会社がリストラできても、名門企業は、リストラが出来なかった。
  • 赤字が出ても、外注先の仕事を確保。
  • 計数把握ができていない。今日幾つ作りましたか?この工程は幾つ作れますか?
  • 生産期間の把握を行っていない。
  • 不良数の把握、クレーム件数の把握をしていない。
  • 部門別業績管理が行えていない。
  • 従業員が挨拶をしない。従業員が目を合わせない。通路のゴミを誰も拾わない。
  • 商品点数が多く、生産中止を行っていない。
  • 受身の営業で顧客訪問回数が少ない。顧客開拓ができていない。
  • 海外で失敗

何故売れない在庫ができるか? H17年支援担当者等研修課程から

  • 見込生産であるが、生産管理をしていない。
  • 棚卸周期が長い(年1回)
  • 生産期間の設定がなく、また実質期間が長い。
  • 返品を安易に受ける。
  • 返品商品がデッドストック
  • 返品商品が簿外資産
  • 最低生産ロットが大きい。
  • 段取り時間改善を行わずに、段取り時間が長い。
  • 外注依存度が高く、外注管理がされていない。
      外注先で仕掛り
  • 商品点数が多く、生産中止を行っていない。
  • 定量生産方式のみで生産

商工会・商工会議所が取り組みべき課題 H17年中小企業者・小規模企業者の指導ポイントから

  • 1.広域的交流の場の設置
    2.経営指導員の経営指導への集中
    3.エキスパートバンクの積極活用
    4.各種啓蒙活動

商工会・商工会議所がやってはいけないこと H17年中小企業者・小規模企業者の指導ポイント

  • 1.商工会・商工会議間のテリトリーの調整
    2.隣接商工会・商工会議所からのアプローチ待ちの姿勢
    3.TOPからの業務が降りてくることを待つ姿勢
    4.内部業務に専任し、会員企業周りを省く

中小製造業の再生事例からのポイント 平成19年4月梅田経営研究会より

  • 現象
    対策
    1.在庫過多のケースが大半
     設備産業では、棚卸資産と固定資産の混同が見られる。
     大量生産型の生産方式で、多品種小量生産を実施。
     生産ルールが決まっていない
     不良性資産と在庫の区別がついていない。
    5S、赤札の実施
    標準化と工程改革
    生産方式の変更
    棚卸資産、固定資産のチェック
    2.売上高志向の営業
     部門別の収益が明確になっていない。
     個々の製品別原価が明確になっていないため、売上志向で受注
     安易な値引き、返品を受ける体質
    部門別、月次業績表の作成
    業績報告会の実施
    原価管理の指導と見積基準書の整備
    3.資材購買管理がされていない
     売上高が減少しているのに、外注加工費・原材料費が増加している。
     工賃で生産体制を構築するため、外注先に仕事がでている。
    外注政策の見直し
    定期コストダウンの実施
    工程別原価管理の導入
    4.金融機関との馴れ合い体質
     返済能力のない企業に対して、長年にわたって融資
      → 手遅れにいたるケース
     金融機関が関連したと思われる有価証券(不良性資産)の存在
    再生支援協議会など公的な性格をもつ団体に協力依頼をする。
    5.販売戦略の欠如
     拡販戦略が存在しない。
     顧客別売上計画、製品別売上計画が存在しない。
     重点顧客が明確でない。
    販売戦略の作成
    6.モラールの低下
     従業員が挨拶をしない
     従業員が目を合わせない
     自ら改善努力をせずにヒーローの登場を待っている
    経営参加の手法の導入
    教育訓練計画の作成
    ベースアップを考えた事業計画の立案
    7.計数管理ができていない
     生産能力・生産期間が把握できていない。
     無理な目標設定
     販売計画の欠如
     棚卸周期が長い
    経験に基づいた事業計画の作成

再生企業に学ぶ強い会社の作り方  平成19年4月梅田経営研究会より

  • 1.従業員が正しいことを行い、その結果が分かる仕組みを持たせる
  • 2.5S、QCサークルを通じて従業員のボトムアップを図る。
  • 3.5S、QCサークルを通じて従業員とのコミュニケーションを図る。
  • 4.信賞必罰、問題社員はその場で解決する
  • 5.経営者が、従業員の好き嫌いを作らずに行動する
  • 6.古典的経営手法を活用する
  •    ホウ・レン・ソウ
  •    PDCA
  •    QCサークル
  •    5S活動
  •    多能工